浮体発電モジュール

浮体モジュールの主な特徴

3つの「軽」の浮体発電モジュールがついに登場しました。

  カタログのダウンロードはこちら

1)軽量 = 全重量15kg 脅威の軽さ

従来品にはない軽量モジュールであり、互いに係留することで簡単に敷設・回収が可能です。

柔軟・軽量なモジュールであり、万一故障の際もすばやく交換できます。

2)お気軽 = 自在に連結、自由な形に

15m×15mの水面で約10kW規模の太陽光発電が可能です。

学校のプール(25m×10m)や障害物のある貯水池などにも対応可能です。

3)お手軽 = 陸上と同程度

水上太陽光発電システムは、陸上と較べて3割~5割ほど多く費用が発生します。

弊社の「うきうき」は高密度発泡体を採用することで従来のシステムより低コストで導入可能です。


標準仕様


浮体発電モジュールの仕様

        ※本製品で10kW規模の太陽光発電を導入した場合、年間で約9,300kWhの発電量が見込めます。

施工例(NEDOとの実証実験 H.25~H.27)


浮体発電モジュールの施工例

岡山県倉敷市 (47.88kW)
※NEDOとの実証実験風景



オプション機能

弊社が開発した簡易遠隔監視システム(番頭SUN)と連携することにより、

太陽光発電システムの故障や発電量をメールでお知らせします。

| プライバシーポリシー | サイトマップ | Copyright © 2016 CORETEC INC. All Rights Reserved.
 

ページTOPへ