シリーズについて

POLASTAR(ポーラスター)とはコアテックの3Dカメラヘッドを使った計測システムの総称です。
POint cLoud AnaLysis(点群解析)システムの略で、「常に北を示す北極星のように安定した検査をご提供する」という意味を込めました。
6軸ロボットの先端に3Dカメラヘッドを取付し、対象物を3D形状データ化します。
この3D形状データを各検査専用に開発したアプリケーションで解析し、結果を出力します。
様々な検査工程の省人化に貢献します。

詳細はこちら


 

システムラインナップ

溶接検査システム

これまでの溶接外観検査の常識であった目視検査を自動化します。各溶接毎に溶接長や溶け落ちなどの20種類以上の検査項目から必要なものをお客様自身で設定いただけます。結果は画面表示だけでなく、生産設備側(親機)へ出力も可能です。

容積計測システム

抜き取り検査から全数検査へビュレットを用いた計測方法を一新します。3Dカメラが往復スキャンし、3D形状データを合成し約30秒で容積を計測します。
シリンダーベッド燃焼室の容積計測におすすめです。

寸法測定システム
(開発中)

3D形状データを基に形状を計測。丸穴の大きさや、2点間の距離、CADデータとのズレ量を算出し、部品のあり/なしを出力します。閾値を基にOK/NGの判定も可能です。

3Dカメラヘッド ラインナップ

POLASTARは5種類のカメラヘッドをラインナップ。
対象ワークや事例に合わせてお客様に最適な機種をお選びいただけます。

詳しくはこちら

3Dカメラヘッド_POLASTAR

ご検討中のお客様へ

サンプルテストサービス受付中

「これって検査できるの?」と判断がつかない場合でも、ご相談ください。
まずは検査対象部分の写真を送っていただければ、弊社より1次評価を回答させていただきます。
溶接検査システム/容積計測システム/寸法測定システム全てでサンプルテストを受け付けしております。
ご来社いただいて実際の操作感と判定を実際にご確認いただけます。

事例を公開中

溶接検査、容積計測、寸法測定システムの事例をイラストを踏まえながらご紹介します。